会話がつまらなくなる原因

あまり仲良くない人と

無難な話しかできない。
上っ面だけの会話になってしまう。

 

 

話してて楽しくない。
会話が盛り上がらない。

 

でも「何か話さなきゃ」と思って
仕方なく当たり障りのない話を振る。

 

つまらない。

 

 

そんな経験ありませんか?

 

 

 

 

どうも、衣川キヨスケです。

 

 

今回は、会話が楽しくない原因について
お話します。

 

 

これを知っていれば、
どうでもいい話題でも会話が盛り上がり、
相手に「楽しい」と思わせることが
できるようになります。

 

 

もちろん自分も楽しくなります。

 

 

逆に、これを意識せずに会話をしていると、
つまらない退屈な会話を
我慢しながら続けることになります。

 

相手にも
「この人とは合わない」と思われ、
話す機会が著しく減ってしまうことでしょう。

 

 

 

では、お互いに当たり障りの
ないことしか話せずに、
なんだか盛り上らないのはなぜなのか。

 

 

 

それは、会話の中に何かが足りないからです
これを知らないとある程度の仲までしか
発展しません。

 

 

 

では何が足りないのか

 

 

それは『笑い』です。

 

 

会話があんまり面白くなかったりするのは
笑いがないからだったりします。

 

 

相手の様子をうかがって、
当たり障りのないことを話していると
冗談を言ったりする余裕が
なくなってしまいます。

 

 

でも、あまり仲良くないからといって
冗談を言ってはいけないルールなんて
ありません。

 

 

適度に笑いを入れることで
会話がグンと楽しくなります。

 

 

笑いがあるかないかで盛り上がり方が全然違います。

 

 

驚きのスピードで
仲良くなることができます。

 

 

「面白い人だな」と思われたら勝ちです。
そこで相手の警戒心は外れます。

 

 

そしたらもう、何でも話せるようになります。

 

 

笑いを入れるというのは、
それほど重要なことです。

 

 

初対面の人と仲良くなるのにも使えるし、

 

なかなか仲良くなれない友達と
距離を縮めるのにも使える。

 

 

意識して、会話の中に
笑いを入れるようにしてみてください。

 

 

 

今日も読んでいただき
ありがとうございました。

ライター