興味ない話の聞き方テク

どうも、衣川キヨスケです。

 

 

あなたは、友達が
自分の興味ない話をし始めたらどうなりますか。

 

ただでさえ少ない口数が
さらに少なくなってしまいますか。

 

無理して愛想笑いしてみたり。

 

曖昧な返事しかできず、
「楽しくない」と思って
しまうかもしれません。

 

 

相手も、せっかく楽しく話してるのに、
あなたのリアクションが薄いと、
嫌な気分になってしまいます。

 

 

今回は、
興味ない話題でも無理せずに
お互いに気持ちよく語り合うことが
できる方法を教えましょう。

 

 

人は、自分の好きなことについて
語るのが大好きです。

 

好きなことについて話していると
楽しいんです。

 

でも、人の好みはそれぞれですよね。

 

趣味が合わないことはよくあります。

 

 

だからっといって
『退屈オーラ』を出していると、
お互いに会話が楽しくなくなってしまいます。

 

 

そこで、このテクニックを使えば、
相手は楽しくおしゃべりできて
またあなたと話したいと思うようになります。

 

 

その最強のテクニックは、

 

『教えてもらう』

 

 

そう、教えてもらえばいいんです。

 

 

 

知らないことは教えてもらえばいいんです。

 

 

「興味の無いことなんて教えてもらいたくないよ」
と思うかもしれませんが、

 

 

むしろ、相手に
興味を持たせてもらえばいいのです。

 

 

「どういうところが面白いのか」
「それによってどんないい事があったか」
ということを聞いてみましょう。

 

そして、それに共感することが大事です。

 

何でも否定すると嫌われます。

 

「そんなの面白くないでしょ」
「そんなことする暇あったら○○しなよ」
「お金の無駄じゃない?」

 

こんなこと言われたら
誰だって嫌ですよね?

 

とにかく、
「そういう考えもあるのか」と、
相手を認めることが大事です。

 

あまり共感できなかったら、
相手の言葉を繰り返すだけでもいいんです。

 

 

「釣りはさ〜、釣れたときスカッとするんだよ」
「あ〜、スカッとするんだね。
釣れたとき気持ちいいんだろうね」

 

こんな感じです。

 

釣りについて詳しくなくても、
『スカッとする』というカンジは
理解できますよね。

 

そうやって共感していくことができます。

 

とにかく、
自分が興味ない話題や、
詳しくない話題の時は、

 

その魅力を教えてもらい、
共感することが大事です。

 

ぜひ実践してもみてください。

 

 

今回はここまで。

 

 

今日も読んでいただき
ありがとうございました。

 

 

ライター