なぜ会話が途切れるのか

どうも、衣川キヨスケです。

 

 

今回は、会話が途切れる原因について
お話します。

 

これを知っておかなければ、
あなたは誰かと2人で会話するたびに、
会話が途切れて気まずい思いを
することになります。

 

 

相手に嫌な思いをさせないためにも、
しっかり知っておいてください。

 

 

会話が途切れずに
話が盛り上がるようになれば、

 

「また話したい」と思われるようになり、
こちらから話しかけなくても
向こうから人がやってくるようになります。

 

 

会話が途切れる気まずさから
開放されましょう。

 

 

それではまず、
会話が途切れるパターンを
考えてみましょう。

 

 

ひとつは、
お互いに「何を話せばいいか分からない」
というパターン。

 

お互いに何も話し始めず、
ものすごく気まずい感じになります。
終始無言になりかねません。

 

 

もうひとつは、
相手が質問をしてくれるのに、
あなたがうまく答えられないパターン。

 

「どこ住んでるの?」
「東京・・・」
「おお、都会じゃん、どっか出かけたりするの?」
「いや、あんまり・・・」
「そうなんだ」
「うん・・・」
「えーと・・・」
「・・・」

 

相手の質問から話を広げられないコミュ障に
よくありがちなケースですね。

 

自己嫌悪になりがちで
つらいですよね。

 

 

そしてもうひとつは、
あなたが質問ばかりしているパターン。

 

上の会話例で、
質問している人の方です。

 

会話が広がらないから、
次から次へと別の質問を
してしまいます。

 

でも相手の反応がよくない。

 

何も楽しくないし、
最悪です。

 

 

こういう状態になってしまう
最大の原因は何か。

 

 

それは
『自分の話をしていない』
ということです。

 

 

質問に対して
必要最低限の返事しかしないから
話が広がらないのです。

 

そして、質問ばかりして、
自分が話をしない人も
話が続きません。

 

 

どうすればいかというと、
聞かれてないことまで
ベラベラしゃべればいいんです。

 

さっきの例で言えば、

 

「どこ住んでるの?」
「東京・・・」
「おお、都会じゃん、どっか出かけたりするの?」
「いや、インドア派だからあんまり外出はしないんだ。
家でゲームしたりマンガ読んだりすることの方がおおいよ」

 

 

こんな風に、聞かれてないことを
どんどん話してしまえばいいんです。

 

 

逆に、自分が質問しても
相手の反応が薄い場合でも、
自分の話をし始めれば
会話が途切れることはありません。

 

「自分の話なんて興味ないんじゃないか」
なんて気にする必要はありません。

 

コミュ障の人ほど
自分の話をするべきです。

 

たとえ相手が興味を示さなくても、
会話が途切れて沈黙になるよりマシです。

 

 

「嫌われるんじゃないか」と
心配するかもしれませんが、
嫌われないために必要なことも
しっかり教えるので安心してください。

 

 

とにかく、
『自分の話す量が足りてない』
ということを頭に入れておいてください。

 

思い込みをブチ壊してください。

 

みんな人と話すのが好きなんです。

 

「誰も俺になんて興味ないよ」
というのは思い込みです。

 

その思い込みを無くすだけでも、
大きな一歩です。

 

 

それだけしっかり頭に叩き込んで
もらえれば、今回は十分です。

 

 

 

それでは、ここまで読んでいただき、
ありがとうございました。

 

 

 

ライター