自身の付け方

どうも、衣川キヨスケです。

 

 

今回は、自信の付け方について
お話しします。

 

これを知っておかないと、
相手をイライラさせてしまったり、
「気持ち悪い」「生理的に無理」
などと思われてしまう危険性があります。

 

 

逆に、自信を持ったしゃべり方が
できるようになれば、
多くの人に好かれる人間に
なれるようになります。

 

今回は、自信を持つには
どうすればいいかお話します。

 

 

「もっと自信を持ってしゃべれ」
なんて言われたことありませんか?

 

そんなこと言ったって
実際自信が無いんだから
どうにもできません。

 

 

しかし、自信を付けることは
本当に重要なことです。

 

ナルシストになれと言うわけでは
ありませんよ。

 

まともに会話できる程度の
自信を付ければ十分です。

 

 

あまりにも自分に自信がないと
モゾモゾしたしゃべり方になってしまい、

 

聞き取りにくくて相手を
イライラさせてしまい、

 

陰で「あいつ気持ち悪いよな」
と言われるような存在に
なってしまいます。

 

 

特に女子は、そういうところに敏感です。
自信がないしゃべり方をしているだけで
恋愛対象として見られないどころか、

 

「生理的に無理」とレッテルを貼られ、
会話すらしてくれなくなって
しまうかもしれません。

 

逆に、自信を持った
話し方をすれば、

 

親しみやすいオーラが出て、
自分から話しかけなくても
向こうから人がやってきて、

 

気軽に話しかけてきてくれる
ようになります。

 

 

当然モテます。

 

 

自信を付けるというのは
それほど重要なことなんです。

 

ネガティブな自分を
認めてもらおうとしないでください。

 

ネガティブは卒業しないといけません。

 

自分に自信を持つべきです。

 

 

では、どうやったら
自信が持てるのか。

 

ここが重要ですよね。

 

みんな「自信を持て」しか言わず、
具体的な方法を教えてくれません。

 

 

では教えましょう。

 

 

 

実は、自信というのは
自力でつけられるものではありません。

 

自分ではどうしようもないのです。

 

自信というのは、
人に認められることで
付いていきます。

 

 

友達の多い人は
例外なく自身に満ちあふれています。

 

つまり、自信を付けるには
友達の力が必要なんです。

 

では、コミュ障で友達ができない
僕達はどうすればいいかと言うと

 

今いる友達と
もっと仲良くなってください。

 

 

新しい友達を作るのは
難しいことなんです。

 

だから、今いる友達や、

 

友達とまではいかなくても
そこそこ話せる相手と

 

もっと仲良くなって
何でも話せる仲になりましょう。

 

そうすることで、
自信と言う名の経験値が
1レベル上がります。

 

 

友達をたくさん作るほど
経験値は上がっていき、
自信が付いて
どんどん友達を作りやすくなります。

 

いきなりたくさんの友達を
作ろうとするのは無茶です。

 

まずは小さく攻めていきましょう。

 

 

 

つまり僕が言いたいのは、
「自信を持て」ということではなく、
「1人でもいいからちゃんと友達を作れ」
ということです。

 

そうすれば、
自信なんていつの間にか付きます。

 

そして、自信が付いたあなたには
人が集まるようになり、
勝手に友達が増えていくようになります。

 

 

まずは一人、
なんでも話せる友達を作る!ということを
頭に入れて、明日から生活してください。

 

 

「どうやって仲良くなるのか」については
別の機会に詳しく説明していきます。

 

 

それでは、今回も最後まで
読んでいただきありがとうございました。

 

ライター